介護について

  • 介護施設の種類と業務の違い
  • 介護の資格の種類

介護を仕事にする!

介護業界は、様々な人が力を合わせて働く業界です。
その為、業種によって仕事内容は様々。
介護施設もそれぞれに特徴があります。
どんな介護をしたいのか。
将来、自分はどんな道を進んでいきたいのか。
そうしたことも踏まえて求人情報を探し、
自分のスタイルに合った職場を見つけましょう。

介護施設の種類と業務の違い

介護施設と一口に言っても、業種は様々。
施設によって介護する対象も業務内容も必要とされている人材も違います。
まずは、施設の名称と業務の違いを確認しましょう!

施設名 正式名称 施設の業務内容
特養
  • ・介護老人福祉施設
  • ・特別養護老人ホーム
65歳以上で、身体に障がいがあるなど家庭での介護が難しい要介護者の方を長期的視野で介護を提供する場所。
老健 介護老人反故施設 入院の必要がなくなりマヒやけがの症状が安定した高齢者(65歳以上・要介護者)が自宅復帰を前提に、短~中期的にケアする場所。
グループ
ホーム
認知症対応型共同生活
介護事業所
要介護度1以上で認知症状があっても、自分の身の回りのことは自分で出来る高齢者が地域社会の中で共同生活を行う場所。スタッフは、積極的な介護提供はぜず、苦手なことや出来ないことをサポートする。
ケアハウス 介護利用型軽費老人ホーム 自立できるが、自炊不可能なほど身体機能低下がある60歳以上の高齢者で、独居に不安があるが家族の援助が困難な方が生活する場所。他の施設に比べ安価なので、入居に所得制限などがある。
ケアホーム 障がい者共同生活
介護事業所
障がい程度区分2以上で、精神障がい者あるいは知的障がい者が共同生活を行う場所。入居に年齢制限はありません。
有料
老人ホーム
介護付き有料老人ホーム 主に60歳以上の自立高齢者が生活をする住居。民間企業が最も多く参入しており、中にはホテル並みの接遇でサービスを行うホームもある。入居条件や部屋タイプは、施設により大きく異なる。
サービス付き
住宅
サービス付き
高齢者向け住宅
一般賃貸住宅の内、主に60歳以上の自立高齢者の入居を主とする住宅。一般住宅のため、入居条件等は物件により異なる。
※介護提供は訪問介護として行う。
  • ・高専賃
  • ・高優賃
  • ・高円賃
高齢者賃貸住宅 一般賃貸住宅の内、60歳以上の自立高齢者の入居を主とした住宅。
  • ・訪問
  • ・ホーム
    ヘルプ
訪問介護サービス 自宅で生活をしながら介護を受けている人のご自宅に訪問し、 その家庭のやり方にそった介護提供を行うサービス。
  • ・ショート
    ステイ
  • ・短期入所生活介護
  • ・デイサービス
  • ・通所介護事業所
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、一時的な宿泊サービス提供する場所。
  • ・デイ
  • ・通所
  • ・デイサービス
  • ・通所介護事業所
自宅で生活をしながら介護を受けている人に対し、日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスをほとんどの施設で行っている。
  • ・地域密着型
    サービス
  • ・小規模
小規模多機能型居宅介護 自宅で生活をしながら、被介護者に対して在宅・通所・宿泊を一体化して提供する場所。
  • ・訪問入浴
  • ・巡回入浴
訪問サービス ご家庭の浴槽で入浴することが困難な方のご自宅に、専用の浴槽を積んだ入浴車で訪問して入浴を行うサービス。高齢者に限らず、重度の障がい者へのサービス提供する場合もある
施設名

特養

正式名称
  • ・介護老人福祉施設
  • ・特別養護老人ホーム
施設の業務内容 65歳以上で、身体に障がいがあるなど家庭での介護が難しい要介護者の方を長期的視野で介護を提供する場所。
施設名

老健

正式名称

介護老人反故施設

施設の業務内容 入院の必要がなくなりマヒやけがの症状が安定した高齢者(65歳以上・要介護者)が自宅復帰を前提に、短~中期的にケアする場所。
施設名

グループホーム

正式名称

認知症対応型共同生活
介護事業所

施設の業務内容 要介護度1以上で認知症状があっても、自分の身の回りのことは自分で出来る高齢者が地域社会の中で共同生活を行う場所。スタッフは、積極的な介護提供はぜず、苦手なことや出来ないことをサポートする。
施設名

ケアハウス

正式名称

介護利用型軽費老人ホーム

施設の業務内容 自立できるが、自炊不可能なほど身体機能低下がある60歳以上の高齢者で、独居に不安があるが家族の援助が困難な方が生活する場所。他の施設に比べ安価なので、入居に所得制限などがある。
施設名

ケアホーム

正式名称

障がい者共同生活介護事業所

施設の業務内容 障がい程度区分2以上で、精神障がい者あるいは知的障がい者が共同生活を行う場所。入居に年齢制限はありません。
施設名

有料老人ホーム

正式名称

介護付き有料老人ホーム

施設の業務内容 主に60歳以上の自立高齢者が生活をする住居。民間企業が最も多く参入しており、中にはホテル並みの接遇でサービスを行うホームもある。入居条件や部屋タイプは、施設により大きく異なる。
施設名

サービス付き住宅

正式名称

サービス付き高齢者向け住宅

施設の業務内容 一般賃貸住宅の内、主に60歳以上の自立高齢者の入居を主とする住宅。一般住宅のため、入居条件等は物件により異なる。
※介護提供は訪問介護として行う。
施設名
  • ・高専賃
  • ・高優賃
  • ・高円賃
正式名称

高齢者賃貸住宅

施設の業務内容 一般賃貸住宅の内、60歳以上の自立高齢者の入居を主とした住宅。
施設名
  • ・訪問
  • ・ホームヘルプ
正式名称

訪問介護サービス

施設の業務内容 自宅で生活をしながら介護を受けている人のご自宅に訪問し、 その家庭のやり方にそった介護提供を行うサービス。
施設名
  • ・ショート
  • ・SS
正式名称
  • ・ショートステイ
  • ・短期入所生活介護
施設の業務内容 自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、一時的な宿泊サービス提供する場所。
施設名
  • ・デイ
  • ・通所
正式名称
  • ・デイサービス
  • ・通所介護事業所
施設の業務内容 自宅で生活をしながら介護を受けている人に対し、日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスをほとんどの施設で行っている。
施設名
  • ・地域密着型サービス
  • ・小規模
正式名称

小規模多機能型居宅介護

施設の業務内容 自宅で生活をしながら、被介護者に対して在宅・通所・宿泊を一体化して提供する場所。
施設名
  • ・訪問入浴
  • ・巡回入浴
正式名称

訪問サービス

施設の業務内容 ご家庭の浴槽で入浴することが困難な方のご自宅に、専用の浴槽を積んだ入浴車で訪問して入浴を行うサービス。高齢者に限らず、重度の障がい者へのサービス提供する場合もある

介護の資格の種類

介護資格は、民間のものを含めるといくつも種類があります。
どの資格を取得すればいいのか、またどの業種にどの資格が求められているかなど、迷うこともあるかと思います。
それぞれの業務内容から、希望職に必要な資格を確認しましょう!

介護の資格の種類 資格の内容 施設の活動場所
介護職員初任者研修 (旧ホームヘルパー2級)
※平成25年4月より
「ホームヘルパー」は「介護職員初任者研修」へ変更されました。
省略で「ヘルパー」と呼ばれることも多い介護でも一般な資格です。在宅・施設を問わず、介護職として働く上で基本となる知識・技術の修得を目的としており、実地で活かせる知識や技能を習得できる資格です。 介護・保険・福祉関連施設、医療機関、在宅など
介護福祉士 身体上または精神上の障がいがある人を対象に、専門的知識・技術をもって日常生活のサポートなど心身の状況に応じた介護、または介護者に介護にまつわる指導を行います。 介護・保険・福祉関連施設、医療機関、在宅など
介護支援専門員
(ケアマネジャー)
被介護者の希望や心身の状況を把握し、適切な介護サービス計画(ケアプラン)の作成や自治体・介護保険施設など各所と連絡・調整などを行います。介護福祉士をはじめとする、介護系資格の上位資格となります。 介護・保険・福祉関連施設、地域包括支援センターなど
社会福祉士 専門知識を活かし、身体上または精神上の障がいがある方を対象に、一人ひとりの状況を把握し、施設サービスや在宅ケアサービスを紹介するなど、福祉に関する相談・助言・指導などを行います。 介護・保険・福祉関連施設、医療機関など
理学療法士(PT) 診療の補助としての役割を担い、医師の指示のもと理学療法を実施します。
身体もしくは精神に障がいがある方、またはそれが予測される方を対象に、体操をはじめとする運動療法などを行います。基本動作能力(立つ・歩く等)の回復を目標としています。
医療機関、介護・保険・福祉関連施設など
作業療法士(OT) 診療の補助としての役割を担い、医師の指示のもと作業療法を実施します。
身体もしくは精神に障がいがある方、またはそれが予測される方を対象に、社会的適応能力の回復を目標とします。 日常生活を自律的に行動できるよう、手芸や工作といった作業をはじめとする療法を行います。
医療機関、介護・保険・福祉関連施設など
言語聴覚士(ST) 音声・言語機能、もしくは聴覚に障がいのある人、またその家族を対象に、言語訓練など、必要な検査や助言、指導など、コミュニケーションの面からサポートを行います。また、嚥下や摂食といった問題にも関わりがあります。 介護・保険・福祉関連施設、教育機関など
資格の種類

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)
※平成25年4月より「ホームヘルパー」は「介護職員初任者研修」へ変更されました。

資格の内容

省略で「ヘルパー」と呼ばれることも多い介護でも一般な資格です。在宅・施設を問わず、介護職として働く上で基本となる知識・技術の修得を目的としており、実地で活かせる知識や技能を習得できる資格です。

活動場所 介護・保険・福祉関連施設、医療機関、在宅など
資格の種類

介護福祉士

資格の内容

身体上または精神上の障がいがある人を対象に、専門的知識・技術をもって日常生活のサポートなど心身の状況に応じた介護、または介護者に介護にまつわる指導を行います。

活動場所 介護・保険・福祉関連施設、医療機関、在宅など
資格の種類

介護支援専門員
(ケアマネジャー)

資格の内容

被介護者の希望や心身の状況を把握し、適切な介護サービス計画(ケアプラン)の作成や自治体・介護保険施設など各所と連絡・調整などを行います。介護福祉士をはじめとする、介護系資格の上位資格となります。

活動場所 介護・保険・福祉関連施設、地域包括支援センターなど
資格の種類

社会福祉士

資格の内容

専門知識を活かし、身体上または精神上の障がいがある方を対象に、一人ひとりの状況を把握し、施設サービスや在宅ケアサービスを紹介するなど、福祉に関する相談・助言・指導などを行います。

活動場所 介護・保険・福祉関連施設、医療機関など
資格の種類

理学療法士(PT)

資格の内容

診療の補助としての役割を担い、医師の指示のもと理学療法を実施します。 身体もしくは精神に障がいがある方、またはそれが予測される方を対象に、体操をはじめとする運動療法などを行います。基本動作能力(立つ・歩く等)の回復を目標としています。

活動場所 医療機関、介護・保険・福祉関連施設など
資格の種類

作業療法士(OT)

資格の内容

診療の補助としての役割を担い、医師の指示のもと作業療法を実施します。 身体もしくは精神に障がいがある方、またはそれが予測される方を対象に、社会的適応能力の回復を目標とします。 日常生活を自律的に行動できるよう、手芸や工作といった作業をはじめとする療法を行います。

活動場所 医療機関、介護・保険・福祉関連施設など
資格の種類

言語聴覚士(ST)

資格の内容

音声・言語機能、もしくは聴覚に障がいのある人、またその家族を対象に、言語訓練など、必要な検査や助言、指導など、コミュニケーションの面からサポートを行います。また、嚥下や摂食といった問題にも関わりがあります。

活動場所 介護・保険・福祉関連施設、教育機関など